16岁少女 性 视频,看呆了!

10-30 16:05 首页 实拍美女小视频



































































































朝の4時には、電話は再び聞こえた、大友Moumouの友人は黄Moumouの母親に言った、彼女の娘が死亡した。 1時間後、彼女の夫王氏は、再びレンタルに来て、黄Moumouの体が持ち去られていた、大Moumouは離れて警察から撮影されている、警察は現場の証拠です。スパイシーな目!地下鉄の男の母の上に座ると、彼の膝の上に座っ]座席のための南京の地下鉄ラインまでもありません、古い叔母は、私は人々が立つことができる、あなたは私が若い作ると思うことを主張しました。男の足に座っているお尻の結果。 "中国の戦闘機の訓練は日本の空域に違反していないが、"東京の爆撃 "の考えである" 9月8日、これは顎の議論に衝撃を与えたPRRSIDENT Onlineのウェブサイトに掲載されています。記事は「南西諸島に対するその侵略を放棄する中国を促す、抑止力自衛隊を強化し、同時に外交表現(中国と)、これは中国に対する日本の唯一の手段である。」と宣言しました

日本のメディアが疑問視している中国空軍の行動は、実際に中国空軍のオフショア訓練を指している。この記事では、「東シナ海、日本の沖縄の島、宮古島からの中国のH-6爆撃機が今年8月に日本海沿岸の太平洋だけでなく日本海に飛ぶ中国の軍用機」と宣言された島を経由して京平半島に行き、その後同じルートで東シナ海に戻ります。 「飛行訓練は日本の空域に違反していませんでしたが、その考えは「東京を爆撃する」ことです!

中国関連の演習について、中国空軍のスポークスマンシェンJinke大佐は、中国海のオフショアトレーニングの正規化は、関連する国際法と実践に沿って、空軍によって行わことを言っている、それは戦闘能力を向上させ、通常のニーズに強力な軍事産業を促進することです。日本のメディアは、この声明を「中国の安全保障戦略を促進するために、中国の中日関係の悪化による声明」と解釈した。

しかし、日本のメディアはまた、中国の従来の飛行訓練がそうであっても、原因飛んで中国の爆撃機の方向に日本のメディア「近隣首都に向けては、」そう「優しい国ではない「日本の領空に違反していないと国際法に違反していなかった」ことを認め実践 "。 「中国空軍のH-2爆撃機の使命は地面を攻撃しているため、日本付近の空爆爆撃機の目的は日本を攻撃することだ」と述べた。

中国海軍の海域での海域への関心、海南島を含む釣魚島の占領における中国の将来もまた、日本の自衛隊の戦闘効果を分散させる可能性があるとアナリストはさらに指摘した。日本の近くの太平洋側からの中国空軍のH-6爆撃機は、日本に対する中国の政策が厳しいことを意味するだけでなく、中国が「友好国」ではないことを再び強調している。 - 従来のユーザー
















































【点这看美女劲爆视频】


首页 - 实拍美女小视频 的更多文章: